ディズニープラスで韓国ドラマを楽しむ 記事はこちら
PR

私がハマったドラマ『雲が描いた月明かり』全話視聴した感想【ネタバレあり】

本ページはプロモーションが含まれています。
tsukiakari-kansou

韓国ドラマ時代劇『雲が描いた月明かり』は人気俳優のパク・ボゴムさん演じる世子(セジャ・王位継承者)と男装して生きるラオン(男性の時の名前サムノム)が、最悪の出会いをしてその後、王宮で再び再会していくラブコメディドラマです。

なぜ、ラオンは男性として生きなければならなかったのか、そして世子との関係にも注目です。

今回はこのドラマを全話視聴したので、簡単なあらすじと全話視聴した感想などをまとめました。

管理人

管理人が初めて見た時代劇ドラマでこの作品はハマりました!じつは最近2回目を見始めたんですが、何度もリピートしちゃいそうです…

読者さん

そうなんですね♪それを聞くとかなり見たくなります!

『雲が描いた月明かり』を見るならU-NEXT!

まずは31日間無料でお試し!

この先、ネタバレ部分を一部含みます。まだドラマの内容を知りたくない方はご注意ください。

目次

韓国ドラマ『雲が描いた月明かり』あらすじ

ホン・ラオンは女性として生まれてきたが、ある事情があり男性として生きなければならなかった。ラオン自身もなぜ女性ではダメなのか理由は知らないまま、サムノムと名乗り暮らしていた。

そんなラオンは恋の相談に乗ったり、代わりに恋文を代筆したりして生計を立てていた。そんなある日、いつも通りに恋文の代筆をしていた依頼主から、恋文の相手に会いたいという相談を受けた。ラオンはぜひ会うように勧めるのだが、依頼主から直接会うのが怖くなったから、代わりにラオンに恋文の相手に会ってくれように頼まれてしまう。

ラオンは恋文の相手との待ち合わせの場所に行くと、その場所にいたのは世子(セジャ)のイ・ヨンだった。ラオンは身分を明かすように詰め寄るヨンから逃げるために、落とし穴にヨンを落として逃げてしまう。

最悪の出会いをした2人だったが、ある時ラオンは借金のために内官試験を受けることに…。試験に不合格になろうと企んだラオンだったが、ヨンがラオンを合格させてしまい…

『雲が描いた月明かり』を見るならU-NEXT!

登録3分で完了!

『雲が描いた月明かり』感想

ホン・ラオンは女性として生まれてきたのに、母親から女性として生きること禁止され男性として生きてきました。名前もホン・ラオンと名乗ることができず、ホン・サムノムという名前で1人で恋文の代筆をしたり、苦労続き。恋文の代筆の依頼主は恋文の相手と直接会いたいと思うようになります。ですが、その依頼主は会いに行くのが怖くなり、ラオンに代わりに行くように頼みます。そこに現れたのは世子(セジャ)であるイ・ヨンだったことから話は始まります。

ラオンは王宮で働くのが嫌でなんとしても内官試験が不合格になろうとしますが、それもヨンにより合格になり、ラオンは内官としてヨンのそばで働くことになります。

ヨンはラオンと一緒にいるうちに少しずつ、ラオンに惹かれていきます。ですが、ラオンのことを男性だと思っているヨンは自分が男性を好きになってしまったと思い、ラオンに冷たくします。ですが、気持ちは止められず、ラオンのことが諦められずにいました。性別の差、そして王位継承者・世子(セジャ)として身分が違うものへの禁断の恋。

この禁断の恋が本当切なかったです!そして、何より、このドラマで印象的なのは世子(セジャ)のラオンにだけ見せる優しい笑顔と、ストレートな愛を伝えるところが本当によかったです。他の女性にも見向きもしない真っ直ぐな姿やラオンに対する真摯な姿を見て世子(セジャ)のファンになった方も多いのではないかと思います。

管理人

私もその1人で、ドラマの視聴中は世子ファンになりました♪

『雲が描いた月明かり』をこれから視聴したくなったら、配信状況やキャストをまとめた『雲が描いた月明かりはNetflix?全話無料配信で視聴できるのはどこ?』を参考にしてくださいね。

『雲が描いた月明かり』を見るならU-NEXT!

まずは31日間無料でお試し!

『雲が描いた月明かり』にハマった私が思う見どころ&ドラマの魅力

胸キュン名台詞が多い!

『これからはそなたを世界で一番大切は女人(ひと)として扱おう。そうしても構わぬか?』

『もしも、とても辛い状況で何かを手放さなければならないとしても、それは私であってはならない』

などなど、ストレートな世子(セジャ)の言葉が多く彼の真っ直ぐな気持ちが伝わってきます。いつもはラオンをからかう事もあるのに、自分の思いを素直に言葉にして伝える部分が世子様の魅力の一つです。

管理人

からかっても悪戯っ子ぽく笑うシーンも個人的には好きなシーンの一つです♪

世子様のラオンにだけ見せる優しい笑顔

世子様とラオンの仲良くなるにつれ、ラオンの愛称で『ラオナ』と優しく呼ぶところ、そしてラオンにだけ見せる優しい笑顔が本当に印象的でした。いつも世子として緊張する場面も多く、陰謀を企む者も多く気を許せる人が王宮で少ない中、ありのままの自分を出せたのはラオンだったのだと思います。

時にはラオンをからかう事もあるけど、実はすごく優しいツンデレのギャップにハマること間違いなし!

>>『雲が描いた月明かり』を見る

雲が描いた月明かりのロケ地をまとめました!ロケ地巡りでドラマの世界を実際に味わってみたいですね♪『いつかは行ってみたい!【雲が描いた月明かり】ロケ地を調べました』を参考にしてください。

『雲が描いた月明かり』に出てくる気になる言葉たち

『雲が描いた月明かり』では昔の言葉が出てくるので、ここでは全話見た私が気になった言葉をご紹介!

スクロールできます
言葉 | 読み方意味
世子 | セジャ王様の息子であり、王位継承者のこと。青い洋服を着ている。
内官 | ネグァン王の身の周りの世話などを担当する去勢された官吏のこと。王妃や世子(セジャ)の身の回りの世話もしました。官吏(かんり)は役人・官人のこと。ドラマでは世子(セジャ)と内官が多く描かれています。
内侍府 | ネシブ宮廷で雑用などを管理する内官を管理する官庁。
判内侍府事 | パンネシブサ内侍府内で最高位の官職。
妓生 | キーセン宴会などの席で楽技を披露したり、男性の接待をする仕事。
ちなみのドラマに登場するこの言葉はなんて言ってるの?

世子・・・基本はセジャと呼ばれていますが、たまにチョーハと呼ばれているのは世子の別の呼び名のようです。

王様・・・身分が下のものが呼ぶときはチョーナ。(時代によっても王様の呼び方が違うようです)家族が呼ぶ場合はお父様、父上 = アバママ。(ちなみにお母様 =オマママ)

>>『雲が描いた月明かり』を見る

まとめ

今回は、私がハマった『雲が描いた月明かり』を全話視聴した感想を中心にまとめました。

胸キュンのラブコメディドラマを探している方にはぜひオススメしたい作品です!サムノムが男性として生きてきて、王宮で内官として働くことになり、世子と出会い少しずつ人生が変わっていくお話です。見ていて飽きさせないストーリー展開に涙ありのシーンもあり、そして世子様の魅力がたっぷり味わえますよ。

『雲が描いた月明かり』は無料お試し期間中に見れるのはU-NEXTのみとなります。31日間無料でお試し期間中に視聴できますので、どんな作品か一度視聴してみるのをオススメします。

『雲が描いた月明かり』を見るならU-NEXT!

登録3分で完了!

本ページの情報は2024年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

久しぶりに韓国ドラマが見たくなり、「キム秘書はいったい、なぜ?」を見てから、韓国ドラマにどっぷりハマっています。今では毎日欠かさず韓国ドラマを見ています!韓国ドラマの作品の良さを1人でも多くの人に知ってもらいたいです。自分の時間が出来た時に、スマホやパソコンでこっそり自分1人で楽しむ日々です♪「まいにち韓国ドラマ」では管理人tomoが実際に見た感想など韓国ドラマに関することをまとめています。韓国ドラマを見て楽しい時間を過ごしましょ♪

目次